睡眠薬の市販おすすめ

睡眠薬で市販されている薬

 

睡眠薬の市販薬は、薬局や通販でも購入することができます。

 

市販されている睡眠薬は、主にジフェンヒドラミン系の睡眠薬が使われています。

 

ジフェンヒドラミン系の睡眠薬は、ヒスタミンを抑えることで現れる眠気を利用したもので、もともとは副作用として現れる眠気を逆に利用することでつられた睡眠薬です。

 

睡眠改善効果はありますが、処方薬に比べ睡眠導入効果は低くなります。

 

 

市販されている睡眠薬の中でもおすすめの睡眠薬として挙げられているのが、ドリエルという睡眠改善薬です。

 

ドリエル

 

エスエス製薬から発売されている睡眠改善薬で、市販されている睡眠薬の中では最も知られている睡眠薬です。

 

ドラッグストアでも販売されている店舗も多いようです。

 

 

ドリエルの効果・効能

 

ドリエル・ドリエルEXは、「寝つきが悪い」、「眠りが浅い」といった多くの現代人の抱える一時的な不眠症状を緩和することで、生活全体を充実させQOL(Quality of life:生活の質)の向上に貢献します。

 

病院で処方される睡眠薬(ベンゾジアゼピン系など)とは異なり、ドリエル・ドリエルEXはOTC医薬品のかぜ薬や鼻炎薬などに含まれる抗ヒスタミン剤の一種、ジフェンヒドラミン塩酸塩を配合しており、その作用で一時的な不眠症状を緩和します。

(引用:ドリエル公式サイト)

 

 

ドリエルの副作用

 

皮膚のかゆみ、胃痛、吐き気、めまい、動悸、排尿困難、倦怠感など

 

 

1日1回2錠のドリエルと、1日1回1カプセルのドリエルEXの2種類があります。

 

 

価格は、ドリエルが2,052円(12錠)、ドリエルEXが2,376円(6カプセル)ですが、amazonだと1,628円で買えるようです。

 

 

 

【指定第2類医薬品】ドリエル 12錠

 

その他の市販されている睡眠薬 (ウット)

 

ウットは伊丹製薬から販売されている鎮静剤で、主に精神の興奮や神経衰弱に対して有効と言われていますが、睡眠効果もあるために睡眠薬としても使用されています。

 

 

ウットの効果・効能

 

複雑化する現代社会に伴い、色々なことで神経を使うことが多くなっています。このようなストレスによって、様々な神経症状を引き起こすことが知られています。ウットは、精神の興奮や神経衰弱などの鎮静を目的とした薬です。

 

頭痛、精神興奮、神経衰弱、その他鎮静を必要とする諸症

(引用:ウット公式サイト)

 

 

ウットの副作用

 

頭痛、めまい、ふらつき、無気力、健忘症、幻覚、錯乱など

 

 

1日1〜3回(1回1錠)を食後に服用します。

 

 

価格は、1,944円(12錠)ですが、amazonだと1,030円で買えるようです。

 

 

 

【指定第2類医薬品】ウット 12錠

 

睡眠薬を使わずに睡眠障害を改善する方法とは?

 

睡眠薬の代わりになっているというサプリメントで、実際に口コミが多く評価も高いのが、メンタル系サプリメントを専門に扱っているリラクルという会社が販売している『リラクミン』というサプリメントです。

 

 

ここ2年ほど病院で睡眠導入剤をもらいそれを飲まないと眠れないようになってしまっていました。2年も飲み続けてきて、果たしてこのままでいいのか・・・と不安になり、薬以外のものに切り替えていけたら、と思っていたところこちらを発見。初日は寝つくのに30分〜1時間ほどかかったように思いますが、2日目は10分ほどで寝付いたように思います。

 

 

その他の体験談と詳細についてはコチラ